わらじぐみ

布わらじ(布ぞうり)の通信販売は【わらじぐみ】で!手作りの良品を全国にお届けします。

送料について



 

携帯ページ

ショップ案内布わらじの履き方よくある質問お取り扱い店        
HOME»  和調総柄~ねじり鼻緒»  布ぞうり 褐色(かちいろ)に麻の葉と花柄毬模様総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)

布ぞうり 褐色(かちいろ)に麻の葉と花柄毬模様総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)

新しい迷彩パターンかと思っちゃいますが、実は和調の地味目のパターンとしては本来非常にメジャーなパターンと言ってもいいかと思います。(K-22)

元の生地は狂言で庶民役のもの売りとか、家来の設定の人が来ていそうな、よく見ると複数の麻の葉模様と花柄がちりばめられているのだけれども色合いは地味な色だけで柄も特に目立つアクセントになるような柄をあえて入れていない生地です。目立つ柄が様々なシチュエーションで意味を持ってしまうことを考えると日本人の慣れ親しんだ(大好きな)「無難な」普段着向きの着物柄というところでしょう。

これが布ぞうりとして編み込んでみますと、本当に和のカムフラージュパターンと言っていいくらいの「深山の落ち葉」という感じになりました。

「かちいろ」…同じ漢字-褐色-で「かっしょく」はよく使いますが、それとは別の色になります。紫っぽく見える茶色っぽいところを弊社としては「かちいろ」、濃い緑のグレーがかったところが褐返し(かちがえし)、褐色が濃くなったところが青褐(あおかち)とみなしてこういう名前にしました。(私どもも専門家ではないので、断言はできませんが、これまでの知識から「褐」のつきそうな色味がそろっているのでこう呼ぶ方がいいだろうと判断しました。また、この「かちいろ」あたりの色は原料由来で暗い紫みの青、黒く見えるほど濃い紺などと説明されていますが色見本では紫がかったグレーという感じでそもそも微妙な色です。)

実は平家物語をはじめ古い軍記物で装束の説明などで「かちんの鎧直垂に…」と「かちん」という言い方で頻繁に、この色が出てきます。武士の好きな「勝ち」に通じるという縁起担ぎで鎌倉時代には定番だったようです。

  • 布ぞうり 褐色(かちいろ)に麻の葉と花柄毬模様総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)

  • 販売価格

    3,300円(税込)

  • ポイント還元1%
  • 在庫を確認する

  • サイズ

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)
    褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)

  • 褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)褐色(かちいろ)着物調総柄(K-22) Mサイズ(24cm)/Sサイズ(22cm)

関連商品